CSR
ニッタグループのCSRについて

CSRに対する考え方

創業時から続くニッタグループのCSR活動

ニッタグループの事業活動は、ステークホルダー(利害関係者:お客様、取引先、株主・投資家、従業員、地域社会等)の皆様との関わりのなかで進められています。これからの企業は、本来の役割である企業価値の増大や利益の創出を実現しながら同時に社会的責任を果たしていくことが求められています。

当社の創業者である新田長次郎(以下、「長次郎」と表記します。)は「優秀な製品を製造することによって事業は栄えるが、そのお金は社会に貢献できるよう公共のために使わなければならない」という言葉を残しました。この言葉からも分かる通り、ニッタグループは、CSRという言葉が世の中に存在しなかった明治の時代から社会との調和を意識して事業を行ってきました。

例えば、明治44年、昼間働いていて学校へ行くことのできない子供たちのために、私立夜学校(有隣尋常小学校)を開設。学校経営の一切の経費を負担し、生徒の学用品、衣服、履物まで支給しました。また、大正12年には、郷里松山市に財団法人松山高等商業学校を創立し、創立費と運営費を出資しました。同校は昭和24年、大学に昇格して松山商科大学(現 松山大学)となりました。

ニッタグループは長次郎の言葉を尊重し、さまざまな形で社会に貢献する活動を行っています。そして同時に、ニッタグループは自社努力による技術革新、先端技術の導入、国際企業との提携などを経て、平成9年には株式を東証・大証市場一部(現 東証一部)に上場するまでに成長しました。長次郎が明治18年に大阪で当社を設立して以来、ニッタグループは社会との調和を常に心がけてきました。今後もこの考えはニッタグループで働く全役職員に受け継がれていくものと信じています。